学校案内 沿革 校歌
教育目標

本校の教育目標

○思いやりのある生徒

○真剣に学ぶ生徒  

○健康な生徒
 


目指す学校像 目指す生徒像
「潤い」 「規律」 「信頼」
@ 生徒、教職員、保護者、地域が誇りを持ち、すべての活動に一生懸命取り組む学校
A 自他共に尊重し、お互いに支え合う学校
B 生徒の活動活気に溢れ、規律のある学校
C 学校、家庭、地域が一体となった開かれた学校
D 安全、かつ安心して学び生活できる学校
@ やさしい心を持ち、相手を「認め・尊重する」ことができる生徒
A 授業を大切にし、自らを磨き、向上させようと努力する生徒
B 体力向上と心身の健康・安全に留意して行動できる生徒
C 基本的生活習慣と規範意識がしっかりと身についている生徒
D さわやかな挨拶と元気な返事、時と場に応じた言動ができる生徒


学校経営方針
(1) 「さいたま市教育ビジョン」の趣旨を踏まえ、全教職員が一丸となって「生きる力」を育む教育の推進に努める。
(2) 生徒一人ひとりに目を配り、気を配り、声をかけ、生徒理解の上に、生徒一人ひとりのよさや可能性の伸長を図る。
(3) 一人ひとりの教職員が使命と立場を自覚し、心ふれあう温かな雰囲気の醸成に努め、生徒との信頼関係に基づく指導を基本に、成就感・存在感が味わえる魅力ある学校の構築に努める。
(4) 保護者・地域との連携を密にし、適時・適切な情報発信と迅速・誠実な対応に努め、地域に信頼される開かれた学校づくりを推進する。
(5) 学校評価を生かして、教育活動の改善と充実に努める。
(6)  教育公務員としての立場を自覚し、コンプライアンスと教職員事故ゼロに努める。


重 点 目 標

家庭、地域から信頼される活気と規律のある学校の構築


@生徒一人一人の実態を理解し、工夫を生かした適切な支援ができる学校
 ・基礎的・基本的内容の徹底を図る学校
 ・生徒が生き生きと意欲的に学習する分かる授業が展開される学校
 ・生徒を共感的に理解し、生徒の望ましい成長と自己実現への支援を行う学校 
A生徒があたりまえの事があたりまえにできる学校
 ・生活規律・学習規律が身に付いている学校
 ・学校行事や部活動、生徒会活動等に全力で取り組む学校
 ・事故防止等安全に留意できる学校
Bきれいな学校
 ・清掃が隅々まで行き届き、ゴミのない学校
 ・花と緑、ていねいな掲示物、整頓された教室等教育環境が整っている学校
 ・マナーが良く、言語環境が整っている心がきれいな学校


指導の努力点

「生徒の居る所に教師あり」を実現の合い言葉として、「生徒を活かす」取組を展開する。

 1 学年・学級経営
  ○生徒にとって「学校が楽しい」「やりがい」がある学年・学級づくりを推進する。
  ・一人ひとりが集団の向上を意識する学年・学級づくり
  ・「不登校・いじめ」のない学年・学級づくり
  ・一人ひとりがそれぞれの場面で認められ、心のふれあいがある学年・学級づくり
  ・特別支援教育に対する正しい理解と認識を深めるための、交流教育、共同学習の推進

 2 学習指導
  ○創意・工夫を生かした分かる授業を実践する。
  ・基礎的・基本的内容の徹底
  ・自ら学ぶ意欲を向上させるための支援の工夫・改善
  ・学習形態や指導体制・
  ・学習規律、学習習慣の確立

 3 生徒指導「あいさつ、着こなし、美化、時間」
  ○第一に、生徒理解・保護者理解に努め、生徒と教師の信頼関係及び生徒相互の人間
   関係を充実させる。
  ・全職員による目配りと早期発見・早期対応(迅速・誠実・アフターケア)
  ・学年相互の緊密な情報交換と組織的・機能的な指導体制の確立
  ・学年を問わず、指導方針に基づいた組織的な指導の推進
  ・生徒会や専門員会活動の活性化による自治力の向上
  ・関係諸機関との連携と現状の応じた指導体制の確立

 4 道徳
  ○道徳の時間を要として、教育活動全体を通じて生徒の道徳性を養うように努める。
  ・授業時数の確保
  ・道徳的なねらいを明確にした体験的活動の充実
  ・人を思い自分を大切にする人権意識の高揚
  ・「私たちの道徳」や副教材の活用についての工夫・改善

 5 特別活動
  ○生徒会・専門委員会の活動の充実を図り豊かな人間関係及び豊かな学校生活を築け
    るようにする。
  ・一人一人の良さを生かした主体的活動の重視による学級活動の充実及び意欲の高揚
  ・学校行事の充実及び育てたい能力や態度の明確化
  ・「いのちの支え合いを学ぶ授業」の確実な実践

 6 総合的な学習の時間
  ○主体的に取り組む学習活動を展開するために、3年間を見通した年間指導計画、評価
    等について充実を図る。
  ・年間指導計画に沿った指導の推進
  ・学校図書館の整備等、学習環境の充実
  ・生徒の実態に応じた学習テーマ・学習展開の工夫改善

  進路指導
  ○生徒が自らの生き方を考え、自分の意志と責任で主体的に進路を選択・決定すること
    ができるようにする。
  ・3年間を見通した指導計画をもとに、組織的・系統的な指導の推進
  ・一人ひとりの生徒への声かけ、激励などを積極的に推進し、意欲の喚起と将来への夢
   や希望を抱かせる指導の推進
  ・職場体験、上級学校訪問等啓発学習活動の充実
  ・正確かつ適切な情報提供の推進

  規律ある学校づくり
  ○すべての活動において、真剣に取り組む態度を育成する。
  ・生活環境・学習環境の整備
  ・分かる授業の推進と授業規律の確保
  ・基本的生活習慣、学習習慣の確立
  ・生徒、保護者、教師、地域が一体となった指導
  ・「あいさつ、着こなし、美化、時間」の指導の徹底


学校研修課題
研究主題

基礎学力の向上を図るための授業改善
〜小学校との連携を通して〜

    




ページトップへ